ドラマ「民衆の敵」の原作を書いた人がすごい!!月9完全復活か!?

この記事は5分で読めます

ドラマ「コードブルー3」で息を吹き返したフジテレビ。つぎの「民衆の敵」で完全に復活をしたいところですよね。気づいている人もいるかもしれませんが、ある法則によると、次のドラマ「民衆の敵」も高視聴率間違いなし!?その秘密はアレだった!!

スポンサーリンク

ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」の基本情報

ドラマ「民衆の敵」の基本情報です。放送開始日が1週遅れになりましたが、もしかしたらこれが功を奏して、月9完全復活になるかもしれませんね。

ドラマ「民衆の敵」の基本情報
放送開始:10月23日(月)21:00~

放送局:フジテレビ

脚本:黒沢久子

主題歌:AAA「LIFE」

プロデュース:草ケ谷大輔

ここで注目は脚本の黒沢久子さんです。なんで注目なのかは後程お話しします。

キャスト

続きましてキャストです。今回は意外にも月9初主演という篠原涼子さんがどんな演技を見せてくれるのかが楽しみですよね。

篠原さんと言えば、「かっこいい女」というイメージが強く、これまでも数々のかっこいい女性を演じてこられました。

今回のドラマ「民衆の敵」では主婦の役で、また新しい篠原さんの魅力が出そうですよね。

そして、もちろん、そのほか豪華俳優陣にも注目です。

ドラマ「コードブルー」に続き、月9完全復活の軌道に乗せたいフジテレビの意気込みがビンビン伝わってきますね!

佐藤智子・・・篠原涼子

shinohararyoko

主婦。夫と保育園に通う子供一人の3人家族。両親が次々に失踪し、自暴自棄になり高校を中退。決して両親のようにはなるまいと真面目に生きてきた。バイト先で知り合った夫と結婚するも、フリーターの夫は転職を繰り返し、智子がパートで家計を助けることに。しかし、そんな智子も会社のルールに納得がいかず、逆らってクビに。
そんな中、彼女が目にしたのは市議会議員の高額報酬。高額報酬=家族の幸せと、猪突猛進する智子は、市議会議員に立候補することを早くも決意する。

庶民を演じるところが斬新ですよね。かっこいい役が多かった篠原さんですが、今回も最後にすごくかっこよく終わりそうな気がします。

藤堂 誠・・・高橋一生

takahashiissei

智子と選挙戦で議席を争うライバル。誠は代々続く政治家一家の次男として「恵まれた」環境で育ち、ゆくゆくは総理大臣も夢ではない。まさに智子とは相対する市政のプリンス。政治家になんかなりたくないと思った時期もあったが、敷かれたレールから外れることができなかった。そんな自分と葛藤し、悩んできたが、次第にゆがんでいき、誰も知らない裏の顔を持つように・・・。

いったいどんな裏の顔なんでしょうね。

何となくですが、「欲望の渦巻く陰謀と、裏社会とつながっていたりして」って考えちゃいますね。

犬崎和久・・・古田新太

furutaarata

一癖も二癖もある市議会のドン。犬崎は長年、市議会議員を務め、議会や経済界に太いパイプを持っている。自らはリーダーにはならず、陰で人をコントロールし、最大会派の犬崎派を形成。最初、篠原演じる佐藤智子の存在は眼中にもなかったが、次第に考えが変わっていく。

ここはもうハマり役ですよね。

貫禄、風格、演技のクオリティ、そして、ちょっと裏がありそうな感じ、どれをとってもハマり役だと思います。

篠原さんとの戦いが楽しみです。

小出未亜・・・前田敦子

maedaatsuko

元グラビアアイドル。犬崎の勧めで市議会議員選挙に立候補。元グラドルというだけあってSNSを得意としている。

岡本遼・・・千葉雄大

chibayudai

父親の借金で夜逃げ同然で去った街に、勝ち組として戻ってきた。必死に勉強し、政治の知識を得た苦労人は、市議になるも勉強不足の智子に対し、イライラしている。

クールでかっこいい役ですが、秘められた思いをどんな風に演じるのかに注目したいですね。

園田龍太郎・・・斎藤司(トレンディエンジェル)

saitotsukasa

代々農家の園田家3人兄弟の長男。何事にも自主性がなく、すぐ人に頼る性格。大学進学するも、長男として家業の農家を継ぐことに。しかし、周りの農家に担ぎ上げられ、市議会議員選挙に出馬し・・・。

ニュースで話題になったあの出来事の再現のようなシーンが出てくるそうですよ(笑)。

若宮寛・・・若旦那

wakadanna

犬崎の私設秘書で、犬崎に忠誠を尽くす、義に熱い男

政治家の秘書ってこんな人もいるのかなって思っちゃいますが、厳つい秘書を雇う政治家ってなんか別の顔があったりしてって考えそうです。

望月守・・・細田善彦

hosodayoshihiko

河原田市長の秘書。市長の政治理念の実現に向け、長年、右腕となって支えている。

莉子・・・今田美桜

imadamio

デリヘル嬢。明るく天真爛漫にその仕事をこなしているようであるが、人知れぬ悩みを抱えている。

河原田晶子・・・余貴美子

amarikimiko

クリーンなイメージと、アメリカ仕込みのディベートのうまさ、洗練された魅力で圧倒的な人気を誇り見事、市長に当選。女性からは憧れの存在で、市議会のドン・犬崎との対決姿勢を打ち出し、あらゆる利権の撲滅に乗り出す。

前田康・・・大澄賢也

osumikenya

犬崎派のベテラン市議会議員。犬崎派と対立する市長派に刃向かう急先鋒。ある出来事から、智子と因縁を持つことに・・・。

佐藤公平・・・田中圭

tanakakei

智子の夫。公平の一目惚れで猛アタックが実り、結婚。現在は子供と3人暮らし。優しいがゆえ、常に人の気持ちをおもんばかり、気疲れを起こしてしまう性格。市議会選挙に立候補した妻である智子を、イクメンパパとして全面バックアップする。

平田和美・・・石田ゆり子

ishidayuriko

新聞社に勤める元政治部記者。しかし、40歳を迎え、一人娘を出産してから環境が変わってしまう。育児休暇後、優秀な記者であったが事務職へ配属されてしまう・・・。ここで仕事をやめたらキャリアが終わってしまうため、「できる女」を演じる。そんな時に保育園のママ友である智子が立候補すると聞き、彼女の行動力と求心力を見るうちに応援するようになる。

石田ゆり子さんといえば、クールな役柄が多いという印象がありますが、今回も自分のキャリアにこだわっている女性の役です。

主演の篠原涼子さんとママ友役がどんな関係なのかが楽しみですよね。

う~ん、豪華ですよね。

しかも、皆さん、ハマリ役って感じじゃないですか??

個人的には、ベテラン市議を演じる大澄賢也さんがクールでかっこよさそうだなって勝手にもうイメージを作ってしまってますが、ドラマが始まると、やっぱりねってなりそうですね。

まさに、民衆の見えないところの細部をどんな感じで豪華キャスト陣が演じてくれるのかが楽しみですよね。

ドラマ「民衆の敵」のストーリー

佐藤智子(篠原涼子)と公平(田中圭)夫婦は、息子の駿平(鳥越壮真)と3人で手狭な団地住まいとはいえ、温かくごく平凡で幸せな家庭を営んでいた。しかし、智子はもっと幸せになりたいと思っている。駿平に本物のステーキを食べさせてあげたい。駿平の保育園送迎に電動自転車を・・・という、ささやかなぜいたく。だが、佐藤夫婦はどうにも仕事が長続きしない。理不尽な業務などについ逆らってしまい、すぐに解雇されてしまうのだ。そしてある時、夫婦同時に仕事を失うことに・・。

パソコンのサイトで新しい職場を探す智子だが、なかなか見つからない。そんな時、智子はふと市議会議員と検索。ニュースで政治活動費を不正流用した市議会議員を見たからだ。すると、智子が暮らすあおば市の議員当選率は8割以上と知る。智子の職探しより高確率で議員年俸は智子には夢のような額。すぐさま智子は公平に立候補宣言する。

出馬に必要な供託金として貯金を引き出した智子夫婦は選挙管理委員会で立候補の手続き。だが、すでに選挙戦は始まっていた。素人候補の智子と公平は現市議会議員・磯部真蔵(笹野髙志)の選挙演説を見学。すると、磯部の発言はウソばかりだと憤る女性がいた。駿平の保育園のママ友・平田和美(石田ゆり子)だ。智子が自らの立候補を伝えると、和美はあきれて立ち去る・・・。
選挙には磯部のほかにも、政治家一家の藤堂誠(高橋一生)ら、一癖も二癖もありそうな候補者が名を連ねる・・・。

フジテレビ公式HPより引用

スポンサーリンク

ドラマ「民衆の敵」の原作は??

皆さんはどう思います?ドラマ・民衆の敵に原作はあるのでしょうか?

実は、ドラマ「民衆の敵」に原作はないんです

最近のフジテレビの月9ドラマは、原作があるドラマが空振りする傾向があると思いませんか??

例えば、「突然ですが明日結婚します」や、「貴族探偵」など、女性用コミックの実写化がことごとく外しています。

月9で女性層をターゲットにしているんでしょうが、逆にネタバレを知っているからこそ、視聴率が伸びなかったんじゃないかと予想できますよね。

でも、今回のドラマ「民衆の敵」はオリジナルドラマになります。

つまり、コードブルーシーズン3と同様、次の話の展開が読めないドラマです。

コードブルーも大ヒットしたので、その要因はもしかしたら原作なしということなのかもしれませんよね。

今回のドラマ「民衆の敵」も原作なしなので、先が気になるドラマで、視聴率アップが期待されますね。

原作はどんな人が書いたの??

今回のドラマ「民衆の敵」の原作はだれが作るのでしょうか?

いったいどんな方なんでしょうか??

今回、そんな民衆の敵の原作を書くのは、脚本家・黒澤久子さん。

これまで映画の脚本を多く生み出してきた黒澤久子さんですが、今回は連ドラに挑戦。

そんな黒澤久子さんに関して、もう少し詳細な情報を紹介していきます。

原作者・黒澤久子さんの作品ってどんなもの?

原作者・黒澤久子さんは、大学卒業したあとに新潟テレビのアナウンサーとなりますが、3年で退職。その後はカナダでシナリオ作家になるための講座を受講して脚本家のキャリアを始めました。

代表的な作品と言えば、あの「ウルトラマン」シリーズです。

なんとウルトラマンシリーズの脚本も手がけた経験があるのです。

意外にも女性が手掛けたことがある作品なんですよね。

それから日本に戻ってきてからは、脚本家・荒井晴彦さんの助手として働き、最近は、ENBUゼミナールの映画監督コースシナリオ講座の講師としても活躍しています。

>>>ドラマ「民衆の敵」のAAAの宇野実彩子が出演!気になる役柄は!?

ドラマ「民衆の敵」はヒットする!?

個人的な予想ですが、私は、篠原さんのドラマということで、女性層の視聴率が上がると予想します。

やっぱり、主演は重要で、ここで決まるところもあると思うので、きっと平均12%は堅いんじゃないかと思います。

ちなみに篠原涼子さんが主演を務める過去のドラマをこちらで紹介しています。

>>>こんな女性に憧れる!かっこいい女性が大活躍するドラマ特集!

「民衆の敵」がFODでお得に見られる??

FODでドラマ「民衆の敵」が放送開始後に見れます。

気になる方はこちらをどうぞ

>>>FODはこんな人におすすめ!!どんな人には向いていない!?

>>>FODプレミアムを勧める理由と申込時の不安解消

着るだけで痩せる!と話題のエクスレンダーをダメモトで試してみた結果…

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。